[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 7月28日(木)23時30分50秒
  どーしても参拝する気か
このやろー!
って↓こいつらが言ってました
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 7月27日(水)18時23分17秒
  どこかで生きてる君へ
元気ですか?
僕は相変わらず元気で
なんとか音をかき鳴らしたりしています

どこかで生きてる君へ
あの時のことはよく覚えているよ
ケンカした次の日君が手紙をくれた
そして初めて二人はやっと話し合うことができた

どこかで生きてる君へ
いっぱい笑ったね
今でも笑えるね

どこかで生きてる君へ
君がくれた言葉
今も僕は連れて街を歩くんだ

どこかで生きてる君へ
すまん!あん時は殴ったりなんかして

どこかで生きてる君へ
君の言うことは最初からハッタリだってわかってたんだ
でもそれを楽しそうに語る君と
君の歌う歌が僕は大好きだった

どこかで生きてる君へ
何を言っても言い訳に聞こえるだろうけど
もしもう一度会えるなら
僕はそれを百万回だって言いたいんだ

どこかで生きてる君へ
「不思議だと思わない?」
確かに不思議だ
やっとそれに気付いた

どこかで生きてる君へ
あんな別れ方したから
君の涙ばかりか笑顔まで
悲しい思い出になったのは
もちろん僕のせいだ

どこかで生きてる君へ
君といた時間は短かったけど
僕のあのクセを見破ったのは
後にも先にもきっと君だけだ

どこかで生きてる君へ
夢をみたんだ
約束どおり僕は宝くじを当ててた

どこかで生きてる君へ
君に借りた青春小説
また読み返してみたよ
読んでるあいだ君のことばかり考えてた

どこかで生きてる君へ
君の中で僕はまだ生きていますか?
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 7月21日(木)00時19分27秒
  サングラスごしに渋谷の街を1時間眺める
耳の奥にかすかに響く自分の呼吸を感じていなければ
本当に街に溶けてしまいそうだ
近づいては離れる声、音、匂い達
とりつかれたように「チョー」や「マッヂ」を興奮気味に
繰り返す若者
となりの男はしきりに地面に唾をはいている
後ろではおじさんと娘が値段の交渉をする
出会って数分後には二人はお互いの粘膜と粘膜を激しく擦り合うことになる
遠くのビルの看板がかすんできた
夕日もやはりこの街にも落ちるがここでは始まりを意味するのか
しばらく空をさまよっていると
携帯電話が鳴った
自分の名前を確かめるようにゆっくりと通話ボタンを押す

「今どこ?」
「あーちょっと…外だよ」
「え?聞こえない、なんかデンパ悪いね」
「あ、うん、もうこんな時間か、あと15分でそっちに行くよ」
「ゴハンは?おなかすいてない?」
「そうだね、とりあえず会ってから話そう」
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 7月11日(月)01時38分16秒
  前回の日記から1ケ月もたってしまいました
新居は快適…かと思いきやロフト(結構広い)はサイコウに暑い
っということが判明
かわいい楽器たちが心配

7月7日は七夕でした
願い事はたくさんあるよ

僕らはいろんな遺伝子を受け継いだみたいだ
過去の僕らが犯した過ちも受け継いだ
憎悪も受け継いだ
その流れを断ち切る力も受け継いでいるはずだ
あとはもう、実際にやるしかないのか
ゴーサインはとっくに出ているんだから
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 6月11日(土)22時44分1秒
  風邪ひきました
ひえー
でもなおりました
よし!
引っ越しました
東京都西東京市っていうまどろっこしいところ
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 5月17日(火)21時31分31秒
  またまたライブの感想など

昨日は渋谷エッグマンにて後輩であり親友であるたかふみ君が
ドラムをたたく「HEARTS」ってバンドと対バンしました
HEARTSは実は2年前にバンド立ち上げのときにちょっとてつだったりして思い入れのあるバンド
でも実はちゃんとライブみたのは初めてでした
はっきり言ってかっちょよかった
このバンドに少しでも関わったことがうれしかったな
またやりたいね
という我がHBはというと、ライブ自体はいろいろハプニングなんかありながらも楽しんでやれました
そして初のたかーき長めのMCが有り!
もうしばらくはライブであんなにしゃべることはないでしょう
まぁあの日急なブッキングにもかかわらず来てくれた人たちの為にということで

本人には言わないがボーカル梅乃が最近ステージ上をよく動いてくれるので楽しいんだ
演奏しながら知らないうちに自分もメンバーのプレイに見とれて(もちろんベースで絡んでお返ししますよ)楽しんでいる
そんな瞬間がやっとHBにも出てきたな

1年か、いろいろあったし早かった

今日は画像なし!
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 5月13日(金)00時10分16秒
  まだまだ続くHBライブ
そんなこんなで5月10日も表参道FABにてライブでした
昼一番にリハして一番最後の出番
間長すぎ!
メンバーもそれぞれバラバラに行動
僕は本屋で浅田次郎の本をまたまた購入
マックでなにげなく読んでたら
なな泣けた…
あとでみたら本の帯に「凍てつく心を温める短編集」と書いてあった
うーん僕の心は凍てついていたのか…

↓そんな後本番直前にパシャリ
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 5月 3日(火)23時43分39秒
  天候にも恵まれてHBはイベント盛りだくさんでした
もうすぐ1年たつんだね
去年の今ごろはこんな状態で本当にライブやるのか?と
思ってしまうほど出てトコ勝負みたいだったようなきがする
NAOさんの相変わらずの無謀ともいえる行動力に感心しつつ巻き込まれたってな感じでした

1年の節目を迎えて4月24日は写真撮影
千葉の海まで行きました


そして今年もおいしくお食事
イカ天丼うまかったね梅ちゃん


そんでもって4月29日はサンリオピューロランドでライブ
キティちゃんと踊ってきました
サンリオの人たち、みんないい人でした
またやりたいなー

そして4月30日四谷天窓アコースティックライブ
いいお酒が飲めました
↓本番前くつろぐ梅吉
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 4月21日(木)00時33分13秒
  浅田次郎の「蒼穹の昴」を読み始める
すいすいすーいっと読んで引き込まれてます

先日は僕のご近所さん、タケルくんとノボルヒロシくんとのライブ
楽しかった
二人をみてて歌を歌う人はすごいなっとあらためて思った
そしてやっぱり歌を大事にしなきゃって再確認した
セッションでノボルくんの曲をやったけどとても良い曲で
この歌のもつ世界、詩をもっと伝えなきゃと思った
つまりこの前の演奏ではそれが十分でなかったってことだ
またやろうね

マンガは特定のマンガしか読まないがその数少ないマンガの中に
「20世紀少年」というのがある
これは我がAZUMAプロデューサーに紹介されたマンガだ
このタイトル英語に訳すとつまりあのマークボラン、そうT-REXの曲のタイトルだ
これもハマりそう

そのせいでもないがこの前上野にT-REX(今度は恐竜の方)をみに行ってきた
とにかくでかい
「スー」という名前が付けられている
以前テレビで黒柳徹子がきわどいコスプレをしながら「スー」を紹介する番組で「まぁー大きい」なんておおげさに言っていたが
ホントにおおきかった
でも残念なのはそのよこに展示されてたT-REXの仲間と称されるマイナーな名前の恐竜も負けじとデカかったことだ
そして気がついたのは僕らが昔教わった恐竜というのはゴジラみたいにピンと立って歩くものだったのだが、今は頭としっぽを地面とほぼ平行にした前のめりの姿勢であることだ
時代が変わり同じ骨でも組み立て方が変わったのだろう

ドラえもんの声も変わった
以前ルパン三世のジャケットが緑から赤に変わったときのような
テンションの下がりを感じたのは僕だけではないはずだ

↓左は4月12日のライブ本番中  右リハ風景(なぜかドラムに東Pが)



↑「まぁ 大きい」
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 4月 4日(月)03時03分30秒
  いやはやまぁいろいろとありましたな
3月は怒涛のライブ月間
HowlingButterflyのCDも評判良い様で
もちろんわたしのソロも

撮影もあったな
とあるショートフィルム
演技しました
セリフはなし
女の子にボコボコにされました
そんな経験日常ではないよね

もうちょっと暖かくなったら引っ越そう
また新しい街に行きたいな
ここ十年で何回引っ越してるんだろう
5回6回か
部屋を変えるたびに何かをすててきた
でもすてられずに置いてきた「気持ち」今もあの場所にあるんだろうな

↓撮影用にペイントされたやっばーい部屋


↑昨日は楽しく最高の焼肉!!
 

/18