[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 3月24日(木)01時25分24秒
  あれ
文が消えてる
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 3月 8日(火)23時49分31秒
  我輩は河原家長男である
名前はまだない…
と思ったかどうかは定かではないが兄貴のところに
長男が誕生したみたいだ
混迷の21世紀へようこそ!
たのしーぞー
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 2月26日(土)05時40分34秒
  久しぶりにHB以外でライブしてきました
大学の後輩たかふみの誘いです
奴はドラマーで大学時代ずっとコンビを組んでましたね
そんなかわいい後輩からの誘いだったら時間や楽曲的な無理もいやとはいえないですよ
実際いっぱいいっぱいでしたが(笑)
今回はなんとHBからシゲちゃんまで引っ張り込んでしまった
このライブはたかふみや彼の仲間、関係者の合同誕生日ライブみたいなので
終始お祭りパーティーみたいな感じでした
だから僕らはたかふみの選曲で北島三郎やアニメソングなんかを
ロックテイストで演奏したのさ
僕とたかふみ、お互い違うバンドで違う活動をしてきたけでいったんスタジオに入れば
すぐに音で分かり合えてライブ中も気持ちを通じ合えたなぁ
尊敬できる仲間ですよ
そんな中に僕に誘われていやとは言えず入ってくれたシゲちゃん、ありがとう
短時間のリハと打ち合わせにもかかわらず、いろいろアイデアを出してくれて本番では
期待以上のロックギターを弾いてくれたシゲちゃんにまたまた感謝しちゃいます

↓このときすでに午前3時、ブクロはまだ熱かった


↑たかふみドラムソロ
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 2月18日(金)00時13分21秒
  いやーバレンタインも終わりましたな
今年はたくさんギブミーチョコレイトで満足満足
甘いもの好きの僕としてはとても幸せでした
みなさんありがとうございました

先日和歌山時代の友人と約10年ぶりに再会
あった瞬間10年という歳月はいっきに吹き飛んで昔と変わらない気持ちになれました
お互いあまり見た目が変わってなかったっていうのもあるけど

昔話をしながらでも今お互い前向きに生きていることを確認できてよかった
この東京で誰も知らないあのころの僕を彼は知っている
そしてまたこの東京で同じ時を生きている
なんかすばらしいな
僕の確かな財産です
ありがとう アキヒコ!!

さてさて、僕にとって大事な音源が2枚でました
一枚はなんと言ってもHowlingButterfly
「超結び」ですよ
楽曲、音質とも大満足の一品です
2枚目は私事ですが、私のソロアルバム?
いやプロデュースアルバムです
いままで創ってきた曲で気にいったのを音にしてみました
246TARCO、森君ありがとう
いろいろな人に支えられ僕は生きています
さて今週はまたライブがあるよん
もう今年はつっぱしるじぇい!!
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 2月 8日(火)01時44分0秒
  先日烏山商店街散歩中アンケートに協力して図書券をゲット
それで、久々辻仁成「彼女は宇宙服を着て眠る」と阿部和重「ニッポニアニッポン」を購入
読もうかなと思いつつ心はサッカーのことでいっぱい
といいつつあらら明日はHowlingButterflyのリハですよ
おいおいあまり私をほったらかすなと↓こいつが言うのです

 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 1月25日(火)23時10分50秒
  自分のスタイルを貫くってむずかしいよね
それが個性でもあり弱点でもある
音楽に関しては以前はROCKかどうかが僕の判断基準だった
けしてそれはジャンル的にというわけではなく感覚的なこと
よく「ROCKとは生き様だ」、とか「ROCKとは~だ」みたいなことを言う人たちもいるけど
そんなの僕にはなんともいえないんですよ
でもそのつどROCKだって思う瞬間があるわけです
そんな瞬間を与えられる人、物、音を感じた時僕の心は芯から震えるのです

でもそれがなんなのか具体的にはいえないしそれがすべて良いというわけではない

でも時々考える
今の自分はROCKなのか
自分のやっているバンドはROCKか

答えはNOでしょう
でもそれに自信を持って割り切れる自分を好きになったとき
自分が自分に震える瞬間に出会うのだろう

やばいなんか堂堂巡り?

↓我が家についに出現!フーテンのギター侍

 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 1月18日(火)00時48分36秒
  またしても谷川俊太郎の詩集を買ってしまった
いつ読んでも新しい発見がある
そして小説の方はただいま太宰治「斜陽」、阿部和重「無情の世界」、
浅田次郎「薔薇盗人」を渡り読み中

そして昨日今日の新聞でセンター試験の問題を入手
解いてみるもむなしく惨敗

あの地震からちょうど10年だ
あの頃は僕も関西にいた
高校の同級生が死んだ
僕が落ちた大学に受かった男だ
震災後、安くなった土地を買いあさってた奴ら
スマトラ沖地震で子供をさらってる奴ら
目に見えないところで人の不幸につけこんでくる人たちがいる
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2005年 1月 8日(土)02時56分45秒
  年明けましたね
ここ数日は部屋にこもって曲作りですよ
いや、曲自体は頭の中にいっぱいあるんだけどそれを音にしていくのがね
結構大変なんですよ
一番嫌なのがドラムの打ち込み
一番好きなのがギターを重ねる作業
一番早く終わるのがやっぱりベースです
モーツアルトはいったん頭の中に曲を作り出したら後は
友達と世間話をしながらでもオーケストラの譜面を書いたっていうじゃありませんか
むむむ、すごい

僕の方はまずお香をたいて、コーヒー入れて、たばこを吸いながら
ズルズルダラダラとやってます
困ったことに録音しながらテンション上がっちゃうとぜんぜん関係ない人の曲とか
熱心に練習しだしたりするからなかなか進みません
そしてまた時間の早さに嘆くのです
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2004年12月31日(金)15時08分35秒
  おおっと もう今年も終わりだ
2004年いろいろあった
印象としてはあまりよくなかったな
でも最後までライブできるって幸せかも
2004みなさんありがとうございました
2005年もよろしくお願いします
 

(無題)

 投稿者:たかーき  投稿日:2004年12月10日(金)23時51分27秒
  12月8日はジョンレノンの命日
そして僕はジョンレノン追悼ライブに出演しました。
手作りのあたたかいイベントでした
そしてなんと、あの元レッドウォーリアーズのボーカル、ダイヤモンドユカイさんも
出演したのでした。
レッドウォーリアーズといえば僕らの世代で日本のロック好きなら知らない人はいなくて
僕自身彼らをよくコピーしたものです
ハッキリ言って緊張しました
最後のセッションで光栄にも僕らが演奏することになったのです
つまり、僕のベースでユカイさんがハープをふいてくれたのです
HowlingButterflyのメンバーは特に意識してなかったようですが、
僕はひとり超感動してました
うーん、こんなことってあるんだなぁ
でもこれからこういうことがいっぱい増えて、もっと一ミュージシャンとして
そういう先輩方と対等にプレイしていかなくちゃな
なんてちょっと浮き足立った自分に反省

そしてこの日のHowlingButteflyのライブは個人的にちょっとヒートアップしました
なぜならライブ直前に右手の指を切ってしまって、それをフォローしようとして
いっぱいいっぱいだったから
演奏中手元を見たら血だらけで、床まで落ちてました
血が出ている間は、ぬるぬるして弾きにくいし、乾いたらパリパリして弾きにくい
いい教訓になりました
ライブ前にそんなケガしてしまうなんて本当バカです
またまた反省
↓血まみれかわいそうなベース

 

/18