teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:79/121 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

SR500・・・

 投稿者:S! with 2J2kai  投稿日:2007年 4月19日(木)21時34分28秒
  通報
  B!さん、お久しぶりです。
朝練ですか、お気をつけて(^^
先日の日曜、月曜と計600キロほど乗ってきましたが、ホント素朴ですねぇ、SRは。
と、言うか現在のバイクが出来過ぎなのかなぁ・・・
出足は遅いしブレーキは効かないし・・・まぁ、一般の交通なら充分リード出来る速さはあるけど、なぜか初めてCB50に乗った時の感覚を思い出してしまった。
登録が完了して、初めて公道に出た時マルチには無いタタタッ!という独特の加速感に感動してたけど、慣れるにしたがって「うぅ~遅い・・・」
その遅さにも慣れてしまうと、最初に感じたタタタッ!が、トコトコ・・・に変わってたんだけど、走ってて気がつくといつも80km/h前後でした、タコにして3000~4000rpmあたり。
で、ふと思ったんですけど・・・ディスク時代~ドラム時代のSRのロントブレーキって良い話を聞いたことが無いんですけど、もしかして設計者は「効かないコトを狙ってた!?」
と、言うのは日曜は天気もそこそこ良かったので、結構ツーに出てる人も多く、マス・ツーの集団のちょっと後ろを、独りで「結果的に」ずっと付いてったのですが、前方、赤で集団が止まってて、こっちも赤だなぁ・・・と5速のままエン・ブレ、早めにブレーキをかけるけど、効きはマイルド。信号機に近づきかけた頃に青になって集団はビューン!と加速してくわけだけど、こっちはまだ車速が乗ってる状態。そこからアクセルを開けて巡航速度まで加速すると、結果的に集団ツーとだいたい同じ距離で走ってました。
まぁ、勝手な想像ですけど設計者がこれを狙ってたとしたら、「SRの世界」というものを、悩みに悩んで、もの凄く考え抜いたのではないか・・・車速の増減幅を少なくして、単気筒らしさを感じる回転域で、自然に巡航させてしまうには・・・と。
指一本でフルブレーキが可能であれば、出足では間違いなくエンジンに不満を感じるし、馬力を出してしまうと「おいしい回転域」が常用速度の範囲外になって、ブレーキも強化が必要になる。疲労感も含めて、すべてをホドホドに収めるにはソコソコの刺激。無いと飽きるし、有り過ぎは疲れる。この絶妙なバランスの一端を効かないブレーキが担ってるとすると・・・と、思うとこの酷評されるブレーキが可愛そうに思えてきたソロ・ツーでした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:79/121 《前のページ | 次のページ》
/121