• [0]
  • 3姉妹キャラ設定v*

  • 投稿者:らいみゅんw
  • 投稿日:2011年 9月 2日(金)23時41分29秒
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

月衣莱夢、水姫、李哀が使うキャラの設定ですv

無駄に多いとか思っても、あえて何も言わないでください←
3人にたくさん絡んでくださるととても嬉しいですノv


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [22]
  • ――壊れたこの心。私の体も何れは...

  • 投稿者:月衣 李哀
  • 投稿日:2011年10月16日(日)13時23分5秒
  • 返信
 
+名前 月光 朱希-ゲッコウアキ-
*性別 ♀
+年齢 14歳
*身長 154cm
+ 髪  少し癖のついた黒髪ロング
* 瞳  青
+服装 何処か学校の制服?なのかははっきりしていない
*性格 普段はあまり表情を出さず大人しい様に見えるが、実はかなりの毒舌家。
+所属 世界再生
*戦闘タイプ 主に氷の刀を使う
*特徴 毒舌

。氷刀。*

美しく光る特殊な氷で出来ている頑丈な刀。
初めて使った時は、扱い難いものだったが、現在は使いこなしている。


*+備考。
昔は普通に笑顔を絶やさない少女だった。だが、数年前にある出来事で一変した。
ずっと自分を優しく暖かく育ててくれていた両親が殺された。
ショックのあまりに心が壊れて。殺した犯人が憎くて。復讐したくて。
その後、もっと自分は強くなくてはと思ったのか、定かではないが「世界再生」に所属。
とにかく自分の周りに害を及ぼすものは消してしまいたいという思いからでもあるかもしれない。

実はかなり人見知り。だが誰かにバレるのが怖いので普段は毒舌で誤魔化している。
一人称は「あたし」二人称は「あんた」等。


「...さっきからうっとおしい。目障りだから消えてくれない?」

「あーあ、つまらない世界...。」

  • [21]
  • 咲き誇れ。私だけの小さく気高い紅き華

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年10月15日(土)01時27分16秒
  • 返信
 
〇名前:羽ヶ崎 子桜 -ハネガサキ シオン-

●性別:♀

○年齢:16歳

●容姿概要:
銀髪のショートヘアで病的な白さの肌。瞳は対照的に闇のような深い黒。左目には寝る時やお風呂の時でさえ、常に眼帯を身につけている。
身長は158㎝と平均的なもの。しかし、彼女が敬愛する美麗姉様のような長身で美しい女性になりたいと望んでいる。
服装は漆黒の着物姿。しかし、普通の着物とは違い、前の部分だけがミニスカートのように丈が短くなっていたり、左肩の辺りがはだけていたりと少々型破りな服装。
首、肩、両足には細いリボンが巻かれており、左胸の辺りには桜の花をモチーフにした刺青が刻まれている。
帯は少々黒っぽい真紅。美しい華をイメージされたもので随分と派手な装飾のようにも見える。
また、髪飾りとしてカチューシャをつけており、そのカチューシャにも同様に華をモチーフにした飾りがあしらわれている。
足元はソックスなどは季節に関係なく履かない様子。少々底の高い下駄を身につけることで身長をギリギリ160cmにしている。

○性格概要:
大切な人や物のためならば自分などどうなっても構わないと考える、仲間想いな性格。その影響か、ふらふらな状況であろうとも、仲間を護るためなら...と自己犠牲を図りつつ立ち上がる。
その執着とは正反対に興味の無いものはすぐに記憶から消去してしまう。

●所属:
カウンター・デーヴァ

○所属理由;
美麗姉様の役に立ちたいから

●能力概要:
『ワースト・ブラッド -番外血液-』
自らの手に、頬に、腕に、首に、肩に、脚に。とにかく、自分の皮膚に触れた血液ならば自分のものであろうと他人のものであろうと操ってしまう能力。
具体的な使用例としては
†。相手の拘束。
†。自身の防御。
†。細く、杭や槍のようにして貫く。
†。止血。
†。鞭のようにして、攻撃や高いところへの移動。

『力の代償』
普段は眼帯で抑えているものの、眼帯を取り外すことで驚異的な身体能力と、水・氷系の能力を有することができる。
しかし、その力は諸刃の剣。その力の代償として、身体への負担、そして何より左目への激痛というデメリットが存在する。
その力を使う際は、大切な人を護りたい。という想いが強い時。その想いだけを糧にどんな痛みも耐え抜いている様子。

○武器概要:
純白の日本刀。その白さは鳥の羽のような純白。しかし、血を浴びると薄い桜のような桃色や真紅に変色する。
生まれた時に与えられた武器で、この刀の特徴性から子桜。と名づけられた。
刀の名前は『紅桜(クレナイザクラ)』。命名者は子桜本人。
しかし、10歳の頃につけた名前で今となっては恥ずかしいらしく、みんなには黙っている。
流儀は特になし。自分なりに試行錯誤を編み出した滅茶苦茶な太刀筋。普通なら肩を壊しそうなものだが、そこもしっかりとカバーしているらしい。

●備考:
羽ヶ崎家の第28代目当主。幼い頃に会合で出会った美麗に魅入ってしまい、その時から現在まで敬愛している。
美麗のことは『美麗姉様』と呼び慕っている。

『御機嫌よう。私の名前。羽ヶ崎子桜と申します。』
『...美麗姉様っ...!ご無沙汰しております。』


  • [20]
  • ぴょんぴょん飛び跳ねる兎

  • 投稿者:月衣 李哀
  • 投稿日:2011年10月 8日(土)12時19分10秒
  • 編集済
  • 返信
 
名前:翠月 栞奈-スイゲツカンナ-
*性別 ♀
+年齢 12歳
*身長 142cm
+髪 ピンク髪ツインテール
*瞳 濃いピンク
+服装 リボンとフリルの沢山ついたゴスロリ
*性格 人懐っこい性格で誰でも構わず甘える。敬語を使うのが少し苦手
+所属 世界再生
*戦闘タイプ 水の能力を使う
*特徴 頭のうさみみ

*能力♪
水柱:水を柱のように固めて攻撃
水舞:特殊な水を飛び散らして攻撃
水光:金色に光る水を流す +当たった者は数分気絶する
落水:空から水を滝のように落として攻撃
風水:水を小さな礫のような物にして攻撃
水嵐:暴風と共に水を暴れさせて攻撃
水樹:水を頑丈な樹木のような物に変えて攻撃

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*備考*

何処から来たのか自分でも分からないという迷った女の子。
それから何日か経ったある日、噂で聞いた「世界再生」に入る。
取り敢えず人との関係を作る事が良いと思って所属したようだ。

一人称は「栞奈」二人称は「~さん」親しくなれば名前など。
常日頃からお菓子を持ち歩いている。
それが無ければ生きていけないと大袈裟な事を言ったり。

-----------------------------------------------------------

「翠月栞奈だよっ!すいげつかんな♪栞奈って呼んでね!」

「今日はなーにしようかなぁっ?」

「栞奈は皆大好きだよ☆」


  • [19]
  • ミー的には、この世界はもっと面白くなっちまうんじゃねぇかって思うんですけどね

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年10月 8日(土)02時26分27秒
  • 編集済
  • 返信
 
――――――――――――――――――和をこよなく愛する英国人――――――――――――――――――

○名前:
カカオ・M・スウィーター   M…ミラート
和名:水蓮 華花桜 -スイレン カカオ-

●性別:


○年齢:
24歳

●容姿概要:
イギリス生まれのイギリス育ち。完全なる英国人女性。
腰辺りまである色素の薄い水色のような色あいの髪をツインテールにしており、瞳は海や空を連想させるような鮮やかな水色。
英国人らしい透き通るような白い肌で、身長は173㎝といった長身。
何処から如何みても英国人。という容姿に反して服装は青や水色をベースとした和服で、その日の気分で様々な着物を着ている。
白い百合の花を髪や帯などにつけており、青い髪や着物によく栄えている。
また、髪には百合の花以外にも青や水色の宝石をつけており、額にはサファイアの飾りをつけている。
全体的に青色で纏めた容姿からは落ち着いた雰囲気が感じられる。

○性格概要:
落ち着いた女性という外見とは正反対に誰にでも気さくに接することのできるフレンドリーな性格。しかし、目上の人物に対してのみ、自分の立場をわきまえた言動をするように心がける
等の配慮もできる。
好きなことのためには全力で取り組み、その間は周囲が見えていないようにも感じられるほど。
また、1人っ子で家族に甘やかされて育ってきたことが理由だろうか、仲の良い人には子どものように甘える。

●所属:
世界再生<ラグナレック>

○所属理由:
世界中に和風な文化を浸透させたいという、非常に自分勝手。かつ我侭な理由から所属。知り合いが所属しているから。という理由も強いようだ。

●能力概要:
【holy water ー聖水ー】
簡単に説明すると水流操作系能力。
使用例としては、
†*何も無い空間から水を生み出す。
†*水の温度を変えて氷に変換、もしくは蒸発させる。
†*水の量の増減。
†*水の浄化。
†*一般的な水流操作。
などが挙げられ、基本的に水が少しでも関係することならできる。

【Substance fixation -宙に留まりし物-】
物質を空中に固定することのできる能力。
小さなものはピアノ線やワイヤー、大きなものは鉄筋やレンガまで。その物質の大きさ、細さなど関係なく宙に留めることができる。
宙に物質を留めることによって、その上を移動することも可能。
解除のタイミング等も自分で調整できるらしい。
しかし、あまりに重いものの場合は体力の消費が激しいらしく、あまり乱用できないとのこと。
限界の重量は1つにつき73.7㎏。それ以上の物質を固定しようとすると耐え切れずに崩れ落ちてくる←

○武器概要:
伸縮性のある槍にサバイバルナイフが3本。
それに加えてワイヤーや爆弾などを持ち歩いている。
そのためいつも重い...と文句を言っている。

●その他備考等:
一人称は『ミー』。二人称は「貴方(貴女)」もしくは『~さん』。親しい間柄の場合のみ呼び捨て。三人称は『貴方(貴女)達』。
日本語は滞りなく喋れる、と自負しているが、実際のところは、教えてくれた人が悪かったのか何なのか、敬語とタメ口が混ざったような滅茶苦茶な言葉遣い。それでも本人はこれで満足している、と言い張っている。
口癖は『ミー的には~~』「~~ってトコですかね(じゃねぇでしょうか?)』等。

好きなものは日本文化。
花の場合は、桜に紅葉、椿、撫子。
食事に関しては、和食と和菓子、それに抹茶。
武芸は、空手や柔道、剣道、合気道。
服装は、日ごろ身につけているものからわかるとおり着物などの和服。
とにかく古来からの日本が関係するものであるなら何でも好き。しかし、山葵だけはどうしても好きになれず、お寿司は大好きだが山葵が入っているものは大嫌い、という極端さ。
一番好きなものはみたらし団子で、縁側に座って抹茶を飲みながらのみたらし団子が至福の瞬間。

2年前まではイギリスで暮らしていた。レッド・サンにやってきた理由は『日本文化が好きで行ってみたい』というだけのもの。それだけの理由で両親や友人の反対を振り切ってここまでやってきた。
そっちに行くなら、やっぱり漢字の名前が必要だろう、という無駄な心配から「水蓮 華花桜」という名前を考え出した。

グライン・L・ガーランドは旧知の知り合い。カウンター・デーヴァに入るか、世界再生に入るか迷っていたが、知り合いが居たほうがやりやすいだろうと考えたとのこと。
ガーランドのことは、ガーランド。と気さくに呼んでいる。しかし、しっかりとした会議などの場ではガーランドさん。と呼ぶようにしているとか。正直なところ会議などはあったところで出席しないのだが。
ガーランドには小さい頃に遊び相手になってもらっていたとのことで、感謝をしている。いつか恩返しができたら、と考えているものの、昔の癖が抜けずについつい甘えたり、頼ったりしてしまう。
時々、手合わせを願い出てくるなど、ガーランドの戦闘能力を尊敬している。



『ったく、どうしようもねぇですね。ミーの助けは必要ってトコです?』

「Nice to meet you.ミーの名前はカカオ・M・スウィーター、って言うんで、まぁ、よろしくお願いしちまいます」

『ミー的にはこの喋り方で満足してるってトコなんですけどね。変だってんなら、まともなのを教えて欲しいってトコです』

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  • [18]
  • 使い捨ての兵士と残虐無慈悲な王女様

  • 投稿者:月衣 水姫
  • 投稿日:2011年10月 7日(金)00時25分25秒
  • 返信
 
【名前】椿姫(ツバキヒメ)
本名はマルグリット・ゴーティエ
【性別】♀
【年齢】20
【身長】160cm
【服装】その日と気分によって変わる。赤いドレスを身に纏う日と黒と赤のスーツの日も。
薔薇が付いた服がほとんどであり、ルビーのステッキを持ち歩いている。
【性格】残虐で無慈悲。気に食わないものはすぐに首を刎ねようとする。
ほんの僅かな人間にしか告げないが、本当は可愛いものが大好き。可愛いものや人の首は刎ねようとしない。
【所属】カウンター・デーヴァ
【理由】女王たるもの、世界を守れるほどに寛大でなければ。と本人は主張している
それとは程遠い人物だが、それを本人に言えば首を落とされかけるのは目に見えている
【戦闘タイプ】顔の無い兵士を使い捨てている。呼びだす顔無しはみんな服装や武器がバラバラである。
顔無し兵は死ぬと同時に時計になり、時計になったそれは毎回別の顔無し兵が回収している。
また、自らも戦う事は可能で持ち歩いているルビーのステッキが剣や銃、と色々な武器に変わる。
だが過保護な顔無し兵を大量に召喚し、傍に置いているため彼女自身が戦う事はあまりない。

【能力】兵を出せること、ステッキを自由自在に変形させること

【備考】この世界ではないハートの国から来た者。
そのハートの国では女王を務めており、この世界でもそれらしく振る舞う。
紅茶と薔薇と椿が好きで、暇があれば顔無し兵に用意させている。
彼女の世界では顔無しに価値はなく、死んでも代えが聞く世界であったため、現在でも兵を使い捨てることは日常茶飯事。
顔無し兵達もそのシステムを理解しており、自分達はそういう存在なのだ、と諦めている。
が、彼女の存在は顔無し達とは違うため、顔無し兵は代わりがきかない彼女を大切に思っている。

「わらわはハートの女王じゃ、屈する時は死と共に」
「ええい、その兵の首を刎ねてしまえ!!」

  • [17]
  • チョコチップクッキーは世界一だよっ☆

  • 投稿者:月衣 李哀
  • 投稿日:2011年10月 3日(月)17時15分32秒
  • 編集済
  • 返信
 
+名前 霞咲 瑠璃

*性別 ♀

+年齢 13歳

*身長 145cm

+髪 金髪ツーサイドアップ

*瞳 青

+服装 セーラー服のようなオリジナルの物。

*性格 いつも慌てる事が多く、失敗してしまう事が多少。だが誰にでも明るく話しかける癖がある

+所属 世界再生

*戦闘タイプ ピンク色のハンドガンで攻撃する

*特徴 髪飾りにしているリボン


+備考+
生まれてからずっとフランスに住んでいた。だが8歳の時、事故で両親が死。
その後何処かの施設に世話になる事になったが、酷い虐待を受けその施設から抜け出した。
それから月日が流れ...、『世界再生』に所属。
この世界をもっと平和にしたいという意思で所属したと思われる。
常備しているものはチョコチップクッキー。幼い頃から大好きだったお菓子。
それがあれば「いつでも元気いっぱい☆」との事。
かなり失敗する事があるが、それでも明るい笑顔は絶やさないだろう。

「あれれ?!し、失敗しちゃったぁ...ごめんなさぁああい!!」
「チョコチップクッキーがあればどこに居ても平気だよねっ♪」

  • [16]
  • とりっく・おあ・とりーとぉ♪お菓子くれなきゃ攻撃しちゃうよっ?

  • 投稿者:らいみゅん 水にゃん
  • 投稿日:2011年10月 1日(土)01時25分39秒
  • 返信
 
―――狂ったハロウィン・パーティ。さぁ。始めましょうか―――

†*オクターウィン・アウトゥンノ  愛称@アウトゥ  2つ名@インペラトリーチェ・パンプキン<かぼちゃを操る女帝>
性別:♀
年齢:14歳
容姿:
身長は155cmと少々小柄ながらも一応は一般的な少女と変わらない程度。
ヘアスタイルはグレーい近い黒髪のショートヘアでアホ毛が立っていて、瞳は栗色。
服装は黒色の猫耳帽子に猫尻尾。黒がメインの袖のないワンピースにはほんの少しオレンジ色のフリルがついている。黒色のアームウォーマー。オレンジと黒のボーダーソックスに黒のロングブーツ。猫耳帽子の耳の部分と両足、それに左腕にはいくつも細いベルトが巻きつけられている。
性格/備考:好奇心が旺盛で非常に行動的。少しでも気になることがあれば、すぐに追求し始める。
好きなものはハロウィンとお菓子で、いつでもお菓子を食べている印象がある。しかし、何故か一切太らない不思議な体質。
趣味は悪戯で、よく悪戯をしては、人をからかっている。
双子の妹、オクターウィン・フォールと一緒になって戦闘を起こす喧嘩っ早い面が見受けられる。
行動的なわりには失敗などを指摘されると普段から想像できないほどに落ち込んでしまう。ただし、数日もすれば忘れてしまう

†*オクターウィン・フォール  愛称@フォー  2つ名@クイーン・オブ・デヴァスタッツィオーネ<破壊の女王>
性別:♀
年齢:14歳
容姿:
身長は151㎝で姉のアウトゥよりも少し小さいぐらい。平均的な少女より大分小さいだろうか。
ヘアスタイルはグレーに近い黒髪のツインテールで、その毛先は少々巻いてあり、アホ毛が立っている。瞳は栗色。
服装はウサ耳の被り物にオレンジ色のリボンを結んでいる。黒色の袖のないワンピースにはオレンジ色の太めのリボンが腰の辺りに巻かれている。黒色の長めの手袋。オレンジと黒のボーダーソックスに、黒色のロングブーツ。
性格/備考:表面上は大人しく人当たりのよさそうな少女。しかし、性格はその正反対で戦闘が大好きで双子の姉、オクターウィン・アウトゥンノと一緒になって戦闘を巻き起こすトラブルメーカー。
ハロウィンを何よりも愛しており、ハロウィン系のお菓子は必需品。アウトゥンノに分け与えながら一緒に食べている。しかし、体重のことを気にしているようで時々カロリーをチェックしている。実際は彼女の心配をよそに、アウトゥと同じく太らない体質なのだが。
どれだけ大きな失敗をしたところで落ち込まず、どれだけ注意されたところでめげない精神の持ち主。

所属:世界再生<<ラグナレック>>
理由:ジャックの死はこの世界のせいだという極端な考えに到達。一度派手に暴れて全てをぶっ壊し、それから作り直してしまえばいいと思っている。

戦闘タイプ
アウトゥの能力は<キックスタート・パンプキン【開戦のカボチャ】>。カボチャ型の大砲、カボチャ型の爆弾、小さなカボチャのヨーヨーを召喚して戦う。そのほかにも様々なアイテムがあり、全てのものをいつでも召喚できるとか。

フォーの能力は<狂いだすハロウィン【クレイジー・ハロウィン】>。持っているお菓子を凶器に変えたり毒や薬にしたり、と多種多様な使い方ができる。使用するお菓子はマシュマロ、ペロペロキャンディ、チョコレート、ラムネ、ジンジャークッキー、シュガーステュック、カボチャプリン、カボチャシュークリーム、キャラメルなどなど。
それに加えて、フォーの持つ箒には物を消す能力が秘められている。

2人が手を取り、息をあわせることで発動できる能力もあり、防御に使う大きなかぼちゃの盾。オレンジ色の衝撃波、など。

【備考】アウトゥンノが双子の姉。
オクターウィン姉妹は10月31日にこの世に生を受けた。幼い頃からハロウィンが大好きで、毎年10月31日になると色々な仮装をして遊んでいた。
とある年の10月31日に出会ったのは異様なほど身長が高く、カボチャの被り物をした不思議な男性と出会う。
普通なら恐れるであろう存在だが、怖いもの知らずの少女たちは寧ろ気に入ってしまい、それ以来しょっちゅう遊んでもらうようになった。
遊んでいるうちに解読が難しいジャックの話す意味不明な言語を理解したらしい。

[使い魔]
黒色コウモリのピピを使い魔として連れまわっている。アウトゥとフォーの体力などとひきかえに巨大化などができ、それを利用することで自由に空を飛びまわることができる。

「アウトゥ♪今日もたっくさん暴れちゃいましょうっ!!」
「フォール☆まだまだだよっ?もっといっぱい暴れなきゃ…ねっ??」


  • [15]
  • あたしは…人間が好き。素敵な時を魅せてくれるから

  • 投稿者:月衣 水姫
  • 投稿日:2011年 9月22日(木)22時56分11秒
  • 返信
 
【名前】藍音(あいおん)
【性別】♀
【年齢】不明
【身長】妖精の時は10cm  人間の姿では150cm
【髪】腰の下くらいまで届く銀髪に瞳と同じ色のリボンをしている
【瞳】アメジストv
【服装】赤いワンピースに黒いリボン
【性格】妖精の時は幼い子供の用で、人間の姿だとそれより少し大人っぽくなる
【所属】世界再生
【理由】「世界は生まれ変わるべき。だって、今のままじゃ時空が歪んじゃう」
【戦闘タイプ】背中の羽から植物のバリアを作るなど、援護系を幅広く使う
茨の巻き付いた剣を召喚することも。
羽の薔薇を相手に握らせると傷が治る

【備考】妖精の時は自称〝時の妖精〟 人間の姿の時は自称〝時の精霊〟と言う。
ハザマのことを気に入っており「ハザちゃん、ハザちゃん!!」と勝手に懐いている。
背中の薔薇の羽で飛び、移動は面倒なので時空を歪めてワープする。
戦闘時にはワープすることはない。よく、ハザマの肩に座っている。
誰かの夢に出現するのが得意で、水姫と彩華の夢によく遊びに行っている

「あたしは時の妖精、藍音!!時空の歪みには耐えられないの」
「時の精霊、藍音よ。ハザちゃんの傍に居たいから、戦うの」
「…あの子たちが迷った時、あたしが導いてあげなくちゃ」


  • [14]
  • 全ては世界のために――それが、戦う理由。

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年 9月21日(水)23時58分12秒
  • 編集済
  • 返信
 
玖鈴 深夜 ークリン ミヤー

性別:♀
年齢:18歳
身長:167cm
容姿:
深い、真紅の瞳
色はライトブラウンで膝の辺りまでのロングヘアで、手入れが行き届いていることが一目でわかるほどの美しい髪。
華美すぎず、かといって地味すぎない、穏やかな印象を与える着物がほとんど。しかし、何か大切なことがある際には美しい装飾を施した着物を身に纏う。
常に落ち着いた雰囲気をただよわせる姿はまさしく良家のお嬢様、といったところだろう
所属:カウンター・デーヴァ
理由:家からの言いつけ、という理由もあるが、ただ純粋に今の世界を守りたいから

―――戦闘について―――

能力と武器を使った戦闘スタイル。

能力[色彩表現 ーカラー・リプレゼンテーションー ]
彼女が手にしたものを宝石のようなものに変換。その宝石を飲み込むことによって能力を使用する。手にしたものの色によって能力の種類が変化し、大きさによって効果の持続時間が変化する。複数の能力を取り込むこともできるが、後での疲労は避けられない

赤・オレンジ→炎系能力
青・水色→水、氷系能力
緑・黄緑→植物系能力
黄色、金色→雷、光系能力
黒・紫→闇系能力
白・銀色・灰色→風系能力     といった能力変化

武器は弓矢。近距離、中距離、遠距離にあわせて矢の種類を変えている。また、弓矢はもともとは家においてあったもの。それ故だろうか。少々祭事に使われるような特殊な装飾が施されている。玖鈴家の家宝だが、代々跡継ぎが持つことを赦されているため現当主の深夜が持ち歩いている。

―――性格・口調について―――

性格は極めて温厚で少々マイペース。誰かのことを思い、誰かのために行動できる優しさを持ち合わせている。
口調は『~で御座います』『~と申しております』など、少々丁寧すぎるように感じられる。
しかし、ある一定の人物の前ではマイペースさなど失うなどの一面を見せることがある

―――備考―――

由緒正しき玖鈴家の当主。
しかし、その権威を振りかざすことなど一切なく、誰に対しても気さくに優しく接する。
玖鈴家は代々この世界の秩序と平穏を護ることを家訓としているため、現当主の深夜もその習わしに従い、カウンター・デーヴァで戦っている

許婚に鳴海浅月が居るが、深夜はそのことを認めていないと言い張っている。
しかし、表面上だけでも仲良くしていなければマズいと考えているので、人前では一応仲良くしている。
2人きりのときは一切相手をする気がないようで、軽くあしらっているが、相手のほうが1枚上手であるため、しょっちゅうペースを乱されてしまう。

『玖鈴家当主、玖鈴深夜。皆様を護るために...尽力すると決めているので御座います』
『みっ、深夜は貴方様との結婚は認めていないと申しておりますっ...!!』

↓イメージ画像。左が深夜で右が浅月


  • [13]
  • 人としての心。相反する鬼としての運命

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年 9月17日(土)18時16分26秒
  • 返信
 
名前:神理呉亞[シンリ クレア]
年齢:15歳
容姿:身長140㎝。体重25㎏でやや病弱なイメージ。黒髪ショートヘアで、黒色のゴスロリ系衣装
所属:カウンター・デーヴァ
特徴:常に黒ウサギのぬいぐるみであるノアを抱いていて、自分は一切会話はせずに、代わりにノアが機械的な声で会話をする

鬼と人間の間に生まれた子。そのため幼いころから差別や偏見を受け、一切喋らない子になってしまった。普段は幼い少女の外見をしているが、本当の鬼の姿はある程度成長した姿で、蒼色の炎を身に纏っている。鬼の姿になった時でさえもまだ理性は失っていないが、『化け物』と呼ばれることや避けられること。また自分が大切に思った人を傷つけられた時、ショックが酷いと、理性を失いほとんどただの鬼と化す。その際は昔、差別や偏見を受けたころの恨みや悲しさといった負の感情だけが現れ、人間に無差別に攻撃するようになる。

↓鬼のとき(理性が残っている場合)
容姿 身長が156cm、体重は34㎏。黒髪ツインテールで黒色の着物
性格 楽しいことを愛する性格。一人称は童、で若干古風な喋り方。

鬼のときには身体にも妙な力が宿るらしく身体能力はいつもより向上する。彼女の血を飲んだ者は短時間だが驚異的な身体能力を手にすることができる。

能力
【治癒】 相手の傷や壊れた物を癒す能力。(鬼の時限定)
【蒼炎】 蒼色の炎を操る能力。どんなところでも使用可能で温度の変化も自由。(鬼の時限定)
【重力空間】 自分の半径3m内の物や人の重力を自由に操ることができる。

武器
鬼の状態の身長と同じぐらいの長さの薙刀。伸縮は自由に行えるため、人間の姿の時は長さを短くして扱うようにしている。常に背負っているウサギ型リュックに収納。

「......『私、神理呉亞。よろしく、ね』」
「...そなたは、童を恐れぬと言うのか......?」

  • [12]
  • いつかは姉貴だって倒してみせるさ

  • 投稿者:月衣 水姫
  • 投稿日:2011年 9月15日(木)02時45分16秒
  • 編集済
  • 返信
 
【名前】火弼 涼汰(ヒノリ リョウタ)
【性別】男
【年齢】15
【身長】170cm
【髪】金髪
【瞳】青
【服装】蜘蛛の巣をモチーフにしたパーカーが目印。学園から与えられた衣装。
【所属】世界再生
【理由】世界を壊し、新しくした方が良い。と過激な事を夢見ているから
【戦闘タイプ】氷を操る、とある学園の守護者。武器は氷で作った剣を使う

【能力】
氷なら自由自在。どこでも出せるし、水から氷に変えることも氷から水に変えることも可能。
氷で作った剣で戦う

【備考】火弼彩華の弟。こちらは下の子という事で自由を許されている。だから姉のように家出はしない。
代々炎系統である火弼家の出身だが、何故か氷しか扱えない。
姉と同じ学園の中等部。
姉の事を「姉貴」または秘密任務用の異名「百合水仙(ユリズイセン)」と呼んでいる。
彼の異名は「紫紺野牡丹」


「姉貴からの着信…面倒だなぁ」
「熱血なのばっかじゃ燃え尽きちまうぜ?冷静さもたまには必要なんだよ」
「中等部代表ガーディアン、氷の守護者…参上ってとこか」

  • [11]
  • 貴方の心、この雷で落としてみせましょう?

  • 投稿者:月衣 李哀
  • 投稿日:2011年 9月13日(火)20時42分0秒
  • 編集済
  • 返信
 
β名前 花霞 紗築-ハナガスミ サツキ-
*性別 ♀
+年齢 15歳
*身長 152cm
+髪 紫色のロング
*瞳 青
+服装 浴衣をアレンジしたものに、ブーツを履いている。
*性格 気の強い性格。からかわれたりすると向きになってしまうかなりの負けず嫌い。
+所属 世界再生
*戦闘タイプ 主に持っているギターで攻撃する。
*特徴 大きなリボンが特徴的な事と、語尾に「かしら」がつく癖。


+特殊なギターζ

不思議な力を持つギター。音を雷に変える事が出来る。

*攻撃β

「落雷」  名の通り、雷を落とす
「雷舞」  相手を雷で囲む
「雷風」  風に雷を乗せる
「雷鳴」  大きな雷の音を響かせる
「熱雷」  雷を充電して、一気にぶちまける


「この私が負けるとでも思っているのかしら!」
「んなっ....!わ、私を馬鹿にしているのかしら!?」





  • [10]
  • 古い星は砕けて欠片と成り果てた

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年 9月11日(日)21時14分17秒
  • 編集済
  • 返信
 
About→
古星欠片[コセイ カケラ]。19歳の女の子で167㎝といった、やや長身な少女。
髪も瞳も灰色で、髪は腰の辺りまであるストレートロングヘア。
服装は黒色の包帯を胸を隠す程度に巻きつけただけのトップスに、どこにでもありそうなジーンズのショートパンツ。黒色のニーハイソックスに黒色のショートブーツ。冬はグレーのロングコートを羽織っている。
一人称はカケラ。二人称は男性なら貴様。女性ならニックネームなど親しみの込められたもの。

Past→
欠片がまだ7歳、小学校に入った頃。とある梅雨の日の湿気の多い夜。欠片の家に事件を起こして逃走中の殺人犯が現れた。性別は男性。身長は...欠片の記憶が曖昧で覚えていないが、170㎝はあったであろう。欠片は恐怖に怯え、父親に助けを求めた。しかし...、欠片の父はあろうことか幼い欠片と欠片の母をおとりにして逃げてしまった。結果、欠片は目の前で母を殺されてしまう。そして、...欠片は殺人犯の男性に何度も殴られ、何度も斬りつけられ。何度も何度も苦痛を味わった。死んでしまうかもしれない。そう思ったときに運よく犯人を追っていた警察官が異変に気づき、欠片を救ってくれた。
でも、欠片にとって深い心の傷となってしまい、それ以来は男性は『弱くて脆弱。頼りにならない存在』そして何よりも『自分や母のような女性を傷つける怖い存在』という認識になった。

Present→
欠片は、男性のことを見捨てた父や散々痛めつけた殺人犯と重ねてしまう傾向があり、男性は全て『倒すべき敵』と考えている。逆に女性のことは殺されてしまった母と重ねており、女性は全て『護るべき存在』と考えている。
過去のことをきっかけに心が壊れてしまい、大分狂ってしまったらしい。傷つけられた自分の身体は男性に触れられたことで穢れきっていると考え、自分のことが大嫌い。その理由から自傷癖が激しく、リストカットだけでなく、刃物で全身を傷つけたり、など大分危険な行為を行っている。
極度の男性嫌いと男性恐怖症。近づかれれば睨みつけるなどの威嚇を行い、触れられれば即座に攻撃するレベル。しかし、雨の日の夜だけは、過去のことを思い出してしまうので、泣き叫びながら赦しを請うなど、周りが一切見えなくなる様子。
所属は無所属。理由は欠片にとっての敵は男性だけであり、カウンター・デーヴァに所属する男性も、世界再生に所属する男性も全てを倒すため。

Future→
欠片はこのまま自分が朽ち果ててしまうことを望んでいる。でも、朽ち果てるというならば、最期の瞬間まで1人でも多くの男性を殺したいと願う。たとえ、それが罪だとしても

能力→
炎系能力者。欠片本人曰く、炎を用いた攻撃なら大概何でもできる。とのこと
[拒絶]:自分を中心として炎の壁を作り上げる能力。たいていの攻撃や水は全て燃やし、溶かし、蒸発させてしまう。

武器→
[星空ノ軌跡]:自分の身長より少し大きい、巨大な剣。星の力を借りるため、満天の星空のもとでは、重さの軽減。炎、水、雷、風などの力を纏わせることができる。などのメリットがある。

『カケラは、欠片。古い星が。砕けて。壊れて、それで。残った、意思の欠片』
『カケラは。男なんて。嫌い。弱くて、脆弱で。頼りに、ならない』

  • [8]
  • 永遠に死んでからも一緒に居るって。約束したのーーー

  • 投稿者:* 莱夢 † 水姫 *
  • 投稿日:2011年 9月 7日(水)01時07分30秒
  • 編集済
  • 返信
 
【翠星石ーSuiseisekiー】
性別:♀
年齢:不明
身長:72㎝
髪:床に届く程の茶色のロングヘアで後ろで二つに分かれてロールしている
瞳:オッドアイで、右目がルビー色、左目がエメラルド色
服装:オランダやベルギーの民族衣装のような深緑のロングスカートのエプロンドレス。白い三角巾のようなヘッドドレス
性格:所謂ツンデレな性格で、清楚で淑やかな容姿に合わずかなりの毒舌家。更に天邪鬼で計算高く高飛車。だが実は臆病かつ泣き虫で人見知りな為、すぐ誰かの後ろに隠れてしまう。喧嘩や争い事が嫌い
一人称:大抵「翠星石」だが、「私」と言う時もある
所属:セキュリティ及びカウンター・デーヴァ
理由:今の世界に満足しているから
武器:庭師の如雨露。人工精霊の『スィドリーム』
備考:『ローゼンメイデン』シリーズの第3ドール。蒼星石の双子の姉。クッキーやスコーンなど、お菓子作りが得意
武器について
庭師の如雨露で植物に水を与えることで成長を促す。それによって植物を操り、敵の束縛や防御、そして攻撃を行う
人工精霊『スィドリーム』は庭師の如雨露を出して水を入れるためのもの。見た目は薄緑色の光り輝く小さな球体で、それ自身に攻撃力はない

[蒼星石ーSouseisekiー]
性別:♀
年齢:不明
身長:72㎝
髪:毛に近い焦げ茶色で前下がりのボブをベースにしたショートカットで、ボーイッシュ
瞳:オッドアイで、右目がエメラルド色で、左目がルビー色
服装:服装はシルクハットに袖口の長い白いブラウス、青いケープとニッカーボッカー風の半ズボンを着用
性格:生真面目で寡黙。冷酷な一面を覗かせることもあるが、それは仲間を護るためのことが多く、誰よりも仲間のことを想っている。また、性格に一癖ある姉妹の中で唯一の常識人
一人称:僕
所属:セキュリティ及びカウンター・デーヴァ
理由:今の世界と秩序を護るため
武器:庭師の鋏。人工精霊の『レンピカ』
備考:『ローゼンメイデン』シリーズの第4ドール。翠星石の双子の妹。翠星石同様に家事が得意で、達筆。また、ほうじ茶等の和菓子が好き
武器について
大柄で手の凝った「庭師の鋏」を使った接近格闘を行う。突風を起こして攻撃を弾いたりすることもできる。また、庭師の鋏とは関係がないが、シルクハットをブーメランのようにして攻撃することもある
人工精霊の『レンピカ』は庭師の鋏を取り出すためのもの。見た目は薄い青色の光り輝く小さな球体で、それ自身に攻撃力はない


ローゼンによって作られた『生きたお人形【ドール】』。年齢は定かではないが、作られたのは相当昔のことらしい。7人居る姉妹の中で唯一の双子。非常に仲がよく、戦闘の際も一緒に戦う。理由としては2人の持つ武器は庭師の如雨露と鋏。2つで1つと言っても過言ではないからである。翠星石は主に如雨露に水を満たし、その水で植物の成長を促進させ、それを操って戦う。蒼星石は主に鋏を使った接近戦の攻撃。2人は迷っている人の心の大樹を成長させて迷いを断ち切らせたり、成長させたりすることもできるが、2人が揃っているからこそできることである。

セキュリティでは、70cm台と非常に小柄なドールの体ながら、2人で協力してがんばっている。ある意味でセキュリティの名物姉妹、と言ったところだろう
カウンター・デーヴァでも2人でコンビを組んで戦闘に臨んでいる。チームワークは抜群で離れることなく常に2人で戦っているという印象が見受けられる

「ボクは戦うよ...。翠星石のためならね」
『翠星石は戦いますぅ...、蒼星石のためなら』
「『もう絶対に許さないですぅ(からね...)!!』」


  • [7]
  • 百合水仙。情熱の心を舞いにして…

  • 投稿者:月衣 水姫
  • 投稿日:2011年 9月 6日(火)23時22分52秒
  • 編集済
  • 返信
 
【名前】火弼 彩華(ヒノリ サイカ)
【性別】♀
【年齢】18
【身長】164cm
【髪】腰まである金髪に大切な宝物の青いリボン
【瞳】青色
【服装】青いワンピースに白いエプロンを付けている。これが学園から与えられた衣装
【性格】言うまでもない馬鹿。意味不明な事や間違った事を口にするのは日常茶飯事。戦いにおいても欠点が多い。
【所属】世界再生
【理由】家出少女の彼女には行くあてが無く、唄さんにそのまま続いて入った
【戦闘タイプ】炎を操る、とある学園の守護者。武器は持たず、自らに炎を纏わせ戦う。一応回復系も齧っている

【能力】
☆グァリジョーネ,アッファービレ
かすかな炎を当て相手の傷を癒す技
☆フィアード,アニマ
霊のように原形を留めずフラフラと漂う炎の技
☆アッパッショナート,フィオーレ,ディ,チリエージ
情熱的に狂い咲く桜の花びらのように、あたりに炎を舞い散らせる技
☆バッソ,グリージョ
灰が床に積もるように炎を下に張っておく技
☆ブリランテ,ロッソ
眩しい炎で相手の視線を遮る技
☆カンタンド,アッフェラーレ
炎で相手の足元を囲み、動きを封じる技
☆追憶のラプソディ
背後から強烈な炎を浴びせる技

【備考】とある学園で代々、炎の守護者を担う由緒正しき火弼家の跡取り娘。
けれど、趣味を両親に否定され引きこもりがちになった
パーティーで出会った聖音唄に信頼を抱き、誘われるまま家出した。
家出した後もその学校には通っており、守護者の使命はちゃんと果たしている。
再生に所属してからは放課後は毎日本社ビルに通ったり、唄さんや薔薇水晶と一緒に過ごしたりする
弟が居て決して彼女は弟を名前で呼ばない。任務用の「紫紺野牡丹(シコンノボタン)」と呼ぶ
彼女の異名は「百合水仙」



「厄介な奴ら、排除しないと上に怒られるんだけど…」
「燃え上がれっ!情熱を右手に、友情を左手に、ただまっすぐに突っ走るわ!!」
「高等部代表ガーディアン、炎の守護者…参りますっ!」


  • [6]
  • まぁ、ボクもこのまま立ち止まりたくないし...ね。

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年 9月 6日(火)00時31分9秒
  • 編集済
  • 返信
 
〇名前:刻雨 夢羽 コクウ ムウ
〇性別:♂
〇年齢:18歳
〇性格:どこか冷めた様子が見受けられるが大切な人のためなら自己犠牲も厭わない
〇所属:中立。理由は未だどちらにつくか自分の中で整理ができていないため

ー容姿や特徴などー
身長は159㎝とやや小柄な体格。髪は深いブルーのソフトカールで、トップを短めにしたレイヤースタイル。束感と動きがつきやすく部分的にまびいていて、毛先が動きやすいカットを入れている。瞳もまた深いブルーで、髪よりも更に深みがました色合い。服装は白色のシャツに7部袖のケミカルウォッシュデニムシャツ。カーキ系の色のジーンズ。チェックデザインを取り入れた黒色のローブーツといったところ。また、両親の形見であるシルバーの十字架がモチーフのネックレス、右耳に藍色のピアスをつけている。
一人称はボクで真剣な時に限り俺といい、口調もやや変わる。普段は飄々とした性格で人を馬鹿にしたような態度をとることもあるが、大切な人や物を守るためならば自分を犠牲にしてでも戦うという少年。

ー戦闘に関してー
特に特殊な能力を持ち合わせているわけではないので、基本は接近戦による攻撃。銃や刀を扱うこともできるのだが、本人は動きにくくなることを嫌っているので、その身1つで戦闘に臨む。身体能力は高い方で、力も小柄な体格に似合わず強い。特殊な能力が溢れるこの世界で戦えるようにと、常に鍛錬を怠らないようにしている。

ー備考ー
8歳の時に母が無差別殺人事件に巻き込まれて死別。15歳には父も愉快犯に殺害されて失い、現在は天涯孤独状態。母が常に身につけていたというシルバーの十字架ネックレスと父が彼に買い与えてくれた最後の品である藍色のピアスを何よりも大切にしていて、片時も手放さない。
両親を失ってからは特にすることもなく、ただフラフラとしていたが、両親が死んだのはこの世界の治安が悪いからだと気づき、とりあえずは戦うことを決意。ただしどこかに所属するという意思はない様子。もともと物覚えは良い方だったので、割とすんなりとケンカは得意になった。また、それだけでは物足りず、色々なことに挑戦した。しかし、一通りできてしまったものはそれ以上頑張ろうとしない傾向がある。そのため、何かを極めることもなく色々なことをやって楽しむようになった。

『ボクは別にこのまま死んでも構わないけど...なーんか嫌なんだよね』
『......俺にだって、守りたいものぐらい―――あるよ?』


  • [5]
  • ――ね ぇ 、 酷 い 事 、 仰 ら な い で ?

  • 投稿者:月衣 李哀
  • 投稿日:2011年 9月 5日(月)00時46分41秒
  • 編集済
  • 返信
 
+名前 雪華綺晶 -キラキショウ-

*性別 ♀

+年齢 ?

*身長 67cm

+髪 ストレートウェイビーのホワイトロングでツーサイドアップにしている。白薔薇の髪飾りをつけている。

*瞳 金色 右眼のアイホール(空洞状)から白薔薇が咲き誇っている。

+服装 白いミニスカートと編み上げのロングブーツ。

*性格 おどけた奇矯なドール。狂気と不気味さが入り混じっている。話し方は上品。

+所属 カウンター・デーヴァ

+戦闘タイプ 主に白い茨を操って攻撃する。蜘蛛の巣状のもので相手の身動きが取れないようにする。

*特徴 右眼のアイホールから咲き誇っている白薔薇。

ζ存在*。

ローゼンメイデンの第7ドール。だが実体が無いアストラル体、だが今は誰かの心を奪うことで自分の体を維持している。

「御機嫌よう、...お姉様がた。」
「――あぁ...体が欲しい...。」
「...大事な大事なマスター、私は貴方がずぅっと欲しかったの...。」




  • [4]
  • 水 晶 に 閉 じ 込 め ま し ょ う ?

  • 投稿者:月衣 李哀
  • 投稿日:2011年 9月 4日(日)18時37分12秒
  • 編集済
  • 返信
 
+名前 薔薇水晶-バラスイショウ-

*性別 ♀

+年齢 ?

*身長 70cm

+髪 先にウェーブが少しかかった薄紫色。紫水晶の髪飾りでツーサイドアップにしている。

*瞳 金色  左目には薔薇模様の眼帯をしている。

+服装 紫のドレスにロングスカート、足先に薔薇飾りが付いたハイヒールの紫色のロングブーツ。

*性格 寡黙で無表情だが好戦的。舌足らずな話し方で、相手の言葉をそのまま真似する癖がある。

+所属 世界再生

*所属理由 マスターが世界再生側だから。

+戦闘タイプ ・地面から水晶の柱を出現させる・水晶の剣を召喚して攻撃する・水晶の礫を飛ばす・相手を結晶内に封じ込める

*特徴 薔薇模様の眼帯


***マスター***

マスターは聖音唄。マスターの命令ならば、どんなことでも実行する。


+薔薇水晶*

ドールである薔薇水晶は、マスターと契約することで動く・戦うときの力がある。


「...マスターの命令なら、...私は従います。」

  • [2]
  • メロディ。リズム。この世界に響かせて

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年 9月 3日(土)21時13分30秒
  • 編集済
  • 返信
 
〇名前:聖音 唄【セイネ ウタ】
〇性別:♀
〇年齢:21歳
〇身長:169㎝
〇髪:黒髪ストレートロングで足首程までの長さ。僅かにツインテールにしてある
〇瞳:ブラウン系の瞳
〇服装:黒色のドレスに黒色のブーツ。黒色のリボン系の髪飾り
〇性格:裏表が激しい。表面上はお嬢様ぶっている←
〇所属/理由:世界再生の幹部。理由は誰かを守れるような人間になりたいかららしいがその様子は一切見られない
〇戦闘タイプ:音を操る能力者。武器はオートマチックピストル。射撃の腕はそれなりにいいものの何故か見ていて危なっかしい

†能力
【音感体質ー ミュージカル・コンスティチューション ー】
音が眼に見える体質。周囲に溢れる微細な音を見て、手に取り、攻撃や防御、追跡に利用したりする
【破壊楽曲ー クラッシュ・メロディ ー】
周囲にある微細な音たちを集めて1つの衝撃波として打ち出す能力。人が歩く音や風によって草木が揺れる際の音でさえも利用できる
【欠陥楽曲- サウンド・エラー -】
自分が指定した音を消し、気配などを消す能力。しかし、音に一切関係しないもの(例えば人体熱など)を察知するタイプの人間には無効。後は、攻撃の音も消せるので、不意の攻撃には最適とも言える
【類似楽曲ー リズム・コピー ー】
一度見たりしたことのある攻撃を、音として一時的に記憶し、リズムで再現して類似した攻撃を行う能力。ただし、威力が多少落ちることや本人が1日に多くの音を見ているのですぐに忘れてしまうなどの欠点が存在する。しかし、彼女も一応はお嬢様。英才教育を受けているのでバカではなく、何度も見た能力なら難なく使える。何度も使えば威力的には本物に近づくらしい
【崩壊楽曲ー ブレイク・スケール ー】
音の高さや大きさをコントロールし、相手を錯乱させる能力。能力の妨害などにも使うが、そこまでの威力はないのでせいぜい威力の現象が限界
【援護楽曲ー サポート・ユニゾン ー】
味方の攻撃の音にあった音を辺りから選択。攻撃の音と周囲の音を共鳴させて、威力を増強する能力。大概、最適な音を見つけることは可能。
【爆撃楽曲ー ボム・コラール ー】
音の爆破。不愉快な音などは迷いなく攻撃に使う傾向があり、音が見えない通常の人間からしてみれば何もない場所で突如爆発がおこった、という感じ
【聖域楽曲ー サンクチュアリー・ハーモニー ー】
彼女が美しいと思う音を集めて1つの治癒能力のある音楽とする。その際には楽器を使用することが必須となっている。

о備考
 名門聖音家の長女で御令嬢。テーブルマナーや社交辞令等も完璧のまさにお嬢様。喋る時は『~ですわ』『~ですの』等というあからさまなお嬢様口調で話すも、その口調で人をからかったり、人の慌てる姿を見て笑う自由な我侭お嬢様である
 生まれた時から音を見て育ったため、音楽が大好き。どんな些細な日常の音でも楽しむ癖がある。ピアノ・ヴァイオリン・フルート・ハープ・サックス・ギター等、様々な楽器が演奏できる。常にフルートを持ち歩いており、聖域楽曲にはフルートでの演奏を行う
 21歳とは思えない程の無邪気?な性格で、趣味は戦闘と人をからかうこと。最近気に入っていることは同胞をからかうことらしく、ある意味最悪な大人と言えるだろう
 幼い頃に1度家出をし、楽しい世界を求めて世界再生へと所属。その時にガーランドと面識があるらしく、その時はまだ今よりも純粋でいい子だったのに時の流れというものは残酷で、何処でどう間違えたのか問題児な大人になってしまった
 しかし1度連れ戻されてしまい、再度家出を決意したのが20歳の成人式。親に結婚相手を決められてさすがに我慢の限界がきてしまったらしい。それから1年間全力でいい子ぶって、監視の目が甘くなった隙に抜け出した。それから再び世界再生に所属。幹部に抜擢され、今は楽しい世界を目指して無邪気に自由に戦っている、とのこと。
 しばらく帰るつもりは一切なく、しばらくは同じ世界再生に所属している天次塔夜でもからかって過ごせばいいか、などという護衛に対する恐怖心が全くないようなバカなことを考えている
 ドールの薔薇水晶を家出の際に連れ出した。彼女のことを『薔薇だから「ローズちゃん」ですの』等という安直な理由からローズちゃん、と呼んでいる。薔薇水晶とは契約を交わしており、契約の証として、左手の薬指に薔薇がモチーフの指輪をつけている。薔薇水晶が動くには唄の存在が必要不可欠。唄の生気的なものを元に動いている。そのため唄の体力の枯渇は薔薇水晶にも影響する。しかし、この馬鹿みたいに元気な問題児お嬢様が疲れ果てることなどそうそうないだろう

『この世界に音が無い場所などありませんわよ?フフッ...』
『キャッハハハハハハァ☆何々ぃ?...たぁのしいっ♪』
『ローズちゃーんっ♪一緒にお茶しませんこと?今日はローズちゃんの好きな紅茶ですわっ』



  • [1]
  • 甘さと覚悟。2つの意思

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年 9月 3日(土)20時36分27秒
  • 編集済
  • 返信
 
〇名前:月衣 莱夢【ツキイ ライム】
〇性別:♀
〇年齢:17歳
〇身長:162cm
〇髪:黒髪で腰の辺りまでのロングヘア。ふわふわしている感じ
〇瞳;鮮やかな緑色
〇肌:色白
〇服装:白メインで僅かに緑を取り入れたデザインのワンピース
〇性格:平和主義で誰にでも敬語の温厚な少女。ただし大切な妹が傷つけられると一転する
〇所属/理由:世界再生で理由は世界を安定させてみんなが笑えるようになってほしいから
〇戦闘タイプ:サポートや裏方の仕事。しかし前線に出ることが多い

【能力】
*炎華 炎を花びら状にして攻撃する
*舞氷 氷を刃物状にして広範囲を攻撃する
*雷音 眩い光と轟音で一時的な目くらましに使用する
*水牢 水の中に閉じ込める ※一時的なもので主に逃げるときに使用
*風剣 かまいたちのようなもので切りつける
*吸収 相手の力を吸収する ※吸収できる容量には限界がある
*反射 吸収した力を自身の攻撃に加えて攻撃する
*分解 触れた物を分解する ※莱夢が物と思えないものは分解できない。例えば人間や動物など
*漆黒 光を消し去る
*増幅 味方の攻撃の力や水、炎などを倍増する
*治癒 怪我を治す
*停止 物体の動きを止める ※限界で10秒程度短いと5秒程
*光爆 光があるところでなら爆発が起こせる ※失敗することが多々あるのであまり使わない

彼女が習得した能力は幅広いものだが、妹達のように何か1つを重点的に極めるといったものではなく、そこまで大きな力を持っている訳でもない。様々な能力を組み合わせたり、応用したりすることで力量不足を補っている様子。サポートに徹する際も色々な能力を臨機応変に使っている様子。

裏方として活動する場合の役割はハッキングと情報収集。そのため常に携帯とノートパソコンを所持している。ハッカーとしての腕はなかなかのもので、監視カメラの工作程度なら携帯1つで行える。ノートパソコンを使うことで独自の回線を使用してデータを盗んだり、敵や味方の位置情報を調べたり、危険ゾーンの調査等のことも素早く行えるが、その際はパソコンに意識を集中させるため文字通り隙だらけ。誰かの助けがあるか攻撃される恐れのない場所でしか無傷で成功させることは不可能といえるだろう。

サポートやハッキング重視のため自分のことを弱いという彼女。しかし面倒ごとに巻き込まれやすい体質なのだろうか、常に戦闘に巻き込まれている。周囲からは主人公体質・幹部候補などと言われたり、何故か名前を知っている初対面の相手に攻撃されたりと、少々...というより大分困惑気味の様子。『...私、何か凄いことしましたっけ?』と何故こんなことになったのか本人は理解できていない。ただ、とある日のカウンターのリーダー、雪宮鎖一との会話により、仲間を守りたいという意思はより一層強くなった。

家族構成は両親などの存在は不明であるものの双子の妹「水姫」と2つ下の妹「李哀」がいる。何かあるとすぐに2人に相談する癖があり、どちらが姉なのかわからなくなることも度々ある。しかし、結局は妹を大切に思う姉で、妹には敬語を使わず気さくに接している。また、水姫にはハッキングの手伝いを頼むこともあり、役割分担は完璧な様子。2人が傷つくことは彼女にとって何よりも嫌悪すべきこと。笑顔で怒ることもあるが、下手をすると裏が出てしまうらしく、そのような姿は誰も見ていないが、相当感情的になるらしい。

○関連人物
月衣 水姫:莱夢の双子の妹。ハッキングにおいても最高のパートナーであるらしく大切に思っている
月衣 李哀:莱夢の2つ年下の妹。彼女に対しては随分と甘やかしている節があり、大切な妹
グライン・L・ガーランド:莱夢が敬意を持って接する再生の幹部。3姉妹でつい頼ってしまうらしい
ハザマ=テルミ:莱夢にとって恐怖対象である再生の幹部。彼には敬意と恐怖を持って接している
文月 瞬:莱夢が気にかける無所属の少年。彼の怪我の手当てに時折出向くことがある
雪宮 鎖一:敵側のリーダー。しかし莱夢はそのことを気にせず、彼と会話をすることがある
姫坂 ゆい子:莱夢のライバルとなった可能性の少女。いつか戦いが終わったら仲良くできることを望んでいる
みれーちゃん:莱夢の親友にして、護ると約束し合った存在。今は消息不明だが、いつか会いたいと思っている

〇過去
幼少期の頃。莱夢には親友と呼べる存在が居た。名前は『みれーちゃん』。カウンター・デーヴァに所属している愁静院美麗と似たような名前だが、未だ本人かは不明。また、その愁静院美麗には直接会ったことも、名前すら聞いたことがない。莱夢はみれーちゃんと交わした『絶対に護る』という幼い頃の約束を守れずに居ることを後悔しているらしい

○現状
第4カウンターでゆい子に傷を負わせて以来、ずっと後悔をしていた。しかし、再び合間見えた時のゆい子の言葉で何かが吹っ切れた様子。その際に姫坂ゆい子と月衣莱夢の関係をお互いがライバルと認めた。そして、彼女が始めて妹たち以外のことを名前で呼ぶきっかけとなり、ゆい子のことだけは『ゆい子ちゃん』と呼ぶようになった。このことで戦うことへの覚悟をきめた。ただ、本来は人を傷つけることを嫌う性格のため、甘さは捨てきれていないようで、甘さと覚悟。2つの意思の中で揺れ動いている。

『水姫ちゃん、今日もハッキングのお手伝い...してもらえない?』
『わぁ。さすが李哀ちゃんだね、この調子で頑張ってね...!』
『もう逃げないし、恐れません。だって...私を認めてくれたライバルが居るんですから』




レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. イメージ画像☆(38)
  2. 私の想い。貴方の想い。(11)
  3. 3姉妹キャラ設定v*(20)
  4. †ー 関係性 ー†(4)
  5. 現状と心境変化(8)
  6. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成