<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [2]
  • л。ドールとマスターя*

  • 投稿者:月衣 莱夢
  • 投稿日:2011年 9月 4日(日)21時53分18秒
  • 編集済
  • 返信
 
ー聖音唄と薔薇水晶ー

人間の女性である唄とドールである薔薇水晶。

昔から聖音家には1つの可愛らしく美しい人形が飾られていた。名前は薔薇水晶。ただの人形のように思えるも、実態は魂の吹き込まれた生きた人形。

ーーー2人が出合ったのは唄がまだ10歳に満たない頃のお話。

『このお人形...いつ見ても美しいです』
そう呟くのはまだまだ純粋でそのまま成長すればよかった唄。
唄の目の前にはいつも屋敷に飾られている1つの人形。
『ん?これ、ゼンマイのように見えますが...』
唄が見つけたのはリボンにある穴のようなものと人形の傍らに置いてある小さなゼンマイ。
興味本位でおずおずと人形のゼンマイを巻いた唄はやっぱり好奇心だけは変わっていなかった。
と、まぁそんなことは置いといて。
ゼンマイを巻かれた人形は瞬きをして、立ち上がって、唄の前に立ってお辞儀をした。
「初めまして...私は、薔薇水晶...。」
『ぇ、ぁ。え...?!』
突如喋りだす人形に唄は困惑してしまう。
更に人形...薔薇水晶は続ける。
「マスターに...なって、ください...。」
その言葉に唄は更に困惑し
『少し...考えさせてください』
そう言って足早に立ち去った。
しかし...数分後。
『やっぱなるっ!こんなつまらない生活から抜け出せそうですからっ!!』
何があったのか不機嫌な唄は速攻でマスターになることを決意。
契約の証として左手の薬指に指輪をつけた。

そして現在。家出をする際に薔薇水晶を半強制的に連れてきた我侭な唄。しかし、2人は仲がいいので、これからは2人で楽しい生活程度に思っている。我侭な唄をマスターにしてしまった薔薇水晶はかなり大変だろうが、一応唄も優しいので、よく2人でお茶をしたり、薔薇水晶のために演奏したりしている

ちなみに唄が薔薇水晶を呼ぶときは『ローズちゃん』。薔薇水晶が唄を呼ぶときは『マスター』である


スレッド一覧

  1. イメージ画像☆(38)
  2. 私の想い。貴方の想い。(11)
  3. 3姉妹キャラ設定v*(20)
  4. †ー 関係性 ー†(4)
  5. 現状と心境変化(8)
  6. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成